そもそも毛嚢炎って何ですか?

毛嚢炎のアップ画像

 毛嚢炎は、簡単に説明すると、お肌の上にいる細菌が何らかの原因で毛穴に入り込んで悪さをして起こるものです。病気としての毛嚢炎では、かなり深い部分にまで及ぶようなものもありますが、レーザーヒゲ脱毛で起こる毛嚢炎は比較的軽いタイプのものが多いです。

 大半は黄色ブドウ球菌が原因で起こり、外見的には膿がたまって白く見えるので、白ニキビなどとも呼ばれたりします(上の画像参照)。

 通常は、皮膚の衛生状態が良くないひっかき傷や刺し傷などから感染が始まりますが、レーザーヒゲ脱毛では毛穴に対して軽い火傷を引き起こしているようなものなので、それが原因で起こるのです。

レーザーヒゲ脱毛の副作用毛嚢炎は絶対になるの?

レーザー脱毛の仕組み・原理

 全員がなるとは言えませんが、かなりの確率でなりますっというのがゴリラクリニックでの回答でした。まぁ、一昔前のレーザー機器よりも機械が進化しているので、頻度は少なくはなっているみたいです。

 とはいえ、あくまでも少なくなっているというだけで、ならないというわけではありません。ちなみに私も少しだけなりました、苦笑。

 上のレーザー脱毛の仕組みを紹介したイラストを見てもらっても分かる通り、正常な毛根(毛包)をレーザーで焼くようなものなので、外敵(細菌)を排除するシステムが弱くなるのも当然の話ですよね。

毛嚢炎ってどんなのですか?

レーザーヒゲ脱毛後の毛嚢炎の写真

 ちょっとグロい写真にはなってしまうのですが、こちらが私がレーザーヒゲ脱毛後になった毛嚢炎です。ヒゲ脱毛の翌日は何ともなかったのですが、翌々日の朝目覚めるとこうなっていました。

 翌日は何もなかったのに、おお!毛嚢炎とか都市伝説だったんだ!みたいなことを思っていたのですが、きっちりなりました、苦笑。

 下唇の下にある白いポツポツっとしたものがそれですね。何もしなければ痛みもかゆみも特にありませんでしたが、ヒゲそりをした際に潰してしまってそれは痛かったです、苦笑。

 私はこの2つと、全然別の部分に1つの合計で3つくらいでしたが、人によっては盛りだくさん毛嚢炎になる方もいるみたいです。少しくらいなら、髭剃りもうまくよけながらすればいいのですが、大量だと髭剃り自体ができない可能性もありますね。

毛嚢炎の治療はどうするの?

毛嚢炎の治療薬

 エステサロンでのヒゲ脱毛だと、市販の薬で何とかしてねと言われるかもしれないのですが、ゴリラクリニックをはじめとする医療脱毛を行っているところの場合、治療薬が処方されます

 基本的には抗菌薬とステロイドが配合された軟膏かクリームです。おそらく、施術当日はクリニックで塗ってもらっての帰宅となるかと思いますので、翌日からは自宅で毛嚢炎が起こったら塗るという指示が出るかと思います。

 一応、ステロイドは炎症は抑えるが、細菌の繁殖はお手伝いしてしまうので、連日の連用はNGです。クリニックで指示があると思いますが、2日連続で塗るのはおやめください、など使用の限度に関する指示があると思います。

毛嚢炎になった場合の注意点

毛嚢炎の箇所を手で触らない

毛嚢炎を手で触る

 ニキビなんかでもそうですが、ポツポツができてしまうと気になってしまい、手で触ってしまいがちです。が、これがNGです。

 人間の手は思っている以上に細菌がたくさんで汚いものです。毛嚢炎の治りを遅くしてしまう行為の1つなのでご注意を。

清潔に保つこと

洗顔で清潔を保つ

 可能な限り清潔を保ちましょう。男性でお化粧をする方はごく少数だとは思いますが、ヒゲ脱毛当日のメイクはNGでございます。また、髭剃りもNGです。

 ゴシゴシ洗うような洗顔を避け、お肌の清潔を保つようにしましょう。とはいえ、過度に石鹸で洗うなどもNGです。

ステロイドを使いすぎないこと

ステロイドの使いすぎに注意

 クリニックで毛嚢炎の薬として処方されるものは、ステロイドと抗菌薬が混合されたお薬です。毛嚢炎の薬ではあるものの、ステロイドは細菌の繁殖をお手伝いしてしまう側面があるため、連日の連用は避けてください。

 毛嚢炎を治すつもりでも、それが毛嚢炎を引き起こしている可能性もありますので、毛嚢炎がなかなか治らない場合は、施術を受けたクリニックに相談してください。通院せずとも電話で相談を受け付けてくれると思います。

毛嚢炎のまとめ

 ざっと紹介してきましたが、ここで毛嚢炎に関することをざっくりまとめたいと思います。

  • 毛嚢炎はお肌の細菌が引き起こすもの
  • レーザーヒゲ脱毛後になりやすいもの
  • ステロイド+抗菌薬の軟膏・クリームで治療できる
  • クリニックではあらかじめ処方されることが多い
  • 毛嚢炎は触らず、清潔に保つこと
  • ステロイドは連用を避けること
  • 酷くなったらクリニックに相談する

 これだけ、覚えていれば毛嚢炎になったとしても大体大丈夫だと思います^^

 そして、次の項目では、毛嚢炎になりにくいレーザー機器の選び方について紹介したいと思います。クリニックの予約時にでも確認してみると良いと思います^^

レーザーの出力と毛嚢炎の関係

メディオスター

 その人のお肌の強さも関係してくるので、一概には言えないところもあるのですが、レーザーの出力が強ければ強いほど毛嚢炎にはなりやすいということは間違いないと思います。

 出力を弱くすると、脱毛効果も下がってしまうのですが、毛嚢炎にはなりにくくなりますので、最初の方のヒゲ脱毛では出力を弱めてもらうと良いと思います。

 翌日も仕事だ、特に人に会う仕事があるなどという人は前もって言っておくと良いと思います。毛嚢炎まみれの顔で営業周りとかあまり良い印象抱かれませんからね・・・^^;

レーザー機メディオスターなら毛嚢炎のリスクは低い

 少し昔のヒゲ脱毛をした人の写真を見ると、照射部位全体が毛嚢炎!!みたいな写真もあったりするのですが、比較的最近にヒゲ脱毛をした人の写真を見ていると毛嚢炎まみれという写真は少ないなぁと個人的には感じています。

 あくまでも推測なのですが、最近のヒゲ脱毛ではメディオスターというレーザー機器が使用されることが増えているからなんじゃないかと思っています。

 メディオスターはこれまでのレーザー機器とは少し作用点が異なるレーザー機器でして、

  • 痛みも少ない
  • 施術後の赤みも軽減
  • 毛嚢炎も少ない

 など、レーザー脱毛の副作用ともいえるところを緩和している性質があるのです。私も実際メディオスターでのヒゲ脱毛だったので、毛嚢炎がたったの3つで済んだんだろうなぁと思っています。

 この辺りの数値的なところは、またゴリラクリニックに行ったときにでも聞いて来ようと思っていますが、おそらく間違いないと思っています。

 なので、ヒゲ脱毛をしようと思っているなら、メディオスターのあるクリニックで!!っというところをオススメしております。

 メディオスターのあるゴリラクリニックはこちら!
Page top icon