ヒゲ脱毛後の赤みと腫れ-前後の写真比較

 百聞は一見にしかず!まずはビフォーアフターの写真を比べて見てください。それが一番話が早いのでw

ヒゲ脱毛前日とヒゲ脱毛1時間後の比較写真

正面からの様子

ヒゲ脱毛前日の夜に撮った写真

1回目ヒゲ脱毛後の写真

1回目のヒゲ脱毛1時間後の写真

横からの様子

ヒゲ脱毛前日の夜に撮った写真

1回目ヒゲ脱毛後の横向き写真

1回目のヒゲ脱毛1時間後の写真

 施術後にクリームとかを塗ってるので、テカリがあるものの、赤みっぽい色合いは案外と分かりにくいですね。こうやって比較して眺めると、赤くなっているとは思うのですが、思うほどは出てない印象ですね。

 休みの日にゴルフとか釣りに行った翌日の方がよっぽど日焼けしますので、そっちの方が明らかに赤みが出る感じですね。

いうほど赤みは出なかった

 この写真をみて、あれ?もっと赤くなるんじゃないの?っと思った方が多いかと思います。

 私も事前にネットで情報収集をしていて、赤みと毛嚢炎がもっと出るだろうと思っていたんです。

 実はネット上にある脱毛後の赤み写真は、一昔前のレーザー機器での施術だったものが多いのです。

赤みの出やすいYAGレーザー

 この上の写真のレーザー機器が一昔前、メインで活躍していたレーザー機器でして、こちらは赤みも出やすいみたいです。

 でも、現在はヒゲ脱毛をするレーザー機器もずいぶんと進化していて、赤みが出にくいメディオスターというレーザー機器が主流になってきているみたいです。

赤みの出にくいメディオスター

 ↑こちらがメディオスターです。詳しくは次の項目で紹介します。

肌へのダメージが少ないレーザー機器

 私がヒゲ脱毛をしたレーザー機器はメディオスターという人気のレーザー機器です。肌へのダメージが少ないことで、赤みや毛嚢炎も少なく、痛みも少ない機器です。

メディオスター

 最近の男性のヒゲ脱毛では、基本メディオスターという機種でのヒゲ脱毛を行っている(医師・看護師の判断にもよりますが)みたいですし、メディオスターだけを使うという契約コースもあるので、契約前に確認すると良いと思います。

 ま、いずれにせよ、ヒゲ脱毛後の赤みの心配はそこまで大きくないと思います(全員が絶対に大丈夫というものではありませんが)

 また、初回のレーザー照射は弱めの出力にして肌への影響を見るということもしているみたいなので、初回から赤みが出まくった!なんて副作用はほとんどないみたいです^^

メディオスターのある大手クリニック

ゴリラ
クリニック
湘南美容外科
クリニック
メンズリゼ
クリニック
東京イセアクリニック
オトコの根こそぎレーザー脱毛
東京アールズクリニック

ヒゲ脱毛後の赤みと腫れ-Q&A

レーザー脱毛後の赤みは痛いですか?

 当日~2日間くらいは少しだけお肌が乾燥したような感じがしたり、火照っているように感じました。

 その影響で少しだけヒリヒリとしたような感覚はありましたが、痛いなと感じるほどではありませんでした。普通の日焼けの方がよっぽど痛いです。

ヒゲ脱毛後の赤みより日焼けの赤みの方が痛い

 この状態のときに顔をこすったり、それこそひげ剃りをガリガリやったら痛いでしょうが、そもそも施術が終わったその日は髭剃りなどお肌に負担のかかる行為はNGなので、痛みを感じるようなことをしなければ大丈夫です。

赤み対策って何かありますか?

 軽い火傷や日焼けのようなもので、赤みよりもお肌の乾燥が気になると思います(私の感覚ではそうでした)。

 これはヒゲ脱毛をする前に、無料カウンセリングで説明があるのdすが、普段使っているもので良いので、しっかりと保湿をすることである対策が可能です。

 男性だともしかすると化粧水や乳液、クリームみたいなものを使ってない人もいるかもしれませんが、保湿用としてドラッグストアで売っているようなものを買っておくと良いと思います。

保湿ローション

 正直、どれでも良いと思いますw私はレーザーで弱ったお肌につけるものなので、何も入っていないものが良いなぁということで、キュレルローションを買いました。

 湘南美容外科クリニックでは、ポイントシステムがあり、入会時ポイントとヒゲ脱毛の支払いで得たポイントで、かなり本格的な保湿ローションと交換ができますよ。

どうしてレーザーヒゲ脱毛で赤みが出るの?

 ヒゲ脱毛の原理の説明にもつながるのですが、レーザーで毛根周辺を熱破壊を起こしているわけなので、軽い火傷を引き起こしているようなものですから、当然皮膚にも赤みが出るというわけです。

毛根を熱破壊させる原理

 とはいえ、そこまで高温で焼くというわけではありませんので、飛び切り赤みが出るってわけでもないですね。

 ただ、日焼けの程度に差があるように、同じレーザー機器、同じ出力だったとしても、赤みが強く出る人・出ない人といった感じで個人差はある程度あると思います。

赤みがひくまでしてはいけないこと

がっつり入浴はNG

赤みのある顔での温泉

 ヒゲ脱毛当日は基本的に入浴はNGです。シャワー程度で済ます必要があります。また、不特定多数が入る温泉や銭湯などの施設を使うこともNGですね。

 翌日からなら入浴もOKなのですが、これも赤みがひいてからとの指示を受けます。

サウナ

サウナ

 まぁ、イメージしてもらったら分かるかと思いますが、お肌が日焼けしているような状態でサウナに入るとどうなるのか・・・。まぁ、痛いと思いますw

 こちらも赤みがひいてから使いたい施設の1つですね。

プール

プールでの水泳

 これは赤みの話だけではないのですが、プールの塩素消毒が不十分な場合、毛穴から雑菌が入り込んでしまう可能性がありますので、プールは基本的にNGです。

 赤みがひいてからだとお肌の健康状態もだいぶ元に戻ってきていると思いますので、それからですね。

激しいスポーツ

激しいスポーツ

 こちらも赤みの話だけではないのですが、激しい運動をすると血行が良くなり、かゆみが増すことがあります。それ以外でも、血行が良くなれば毛穴も開きますので、余計な雑菌が入り込むことも考えられます。

 赤みは個人差があるものの、そこまで長引くものではないと思いますので、ヒゲ脱毛後は3日程度間をあけることをオススメします。

結論:メディオスターなら赤みは少ない

 Googleなんかでヒゲ脱毛後の赤みの画像検索をすると、めちゃくちゃ赤みが出ている写真が見つかりますが・・・。

 これって一昔前の強力なレーザー脱毛の機器を使った結果なんじゃないか??っと思うものがたくさん見つかります。少なくとも私を含め、周りの数人を見ている限り、あんなに赤みが出るような人を見たことがありません。

メディオスター

 最近のヒゲ脱毛ではメディオスターというレーザー機器が使用されることが増えていてこちらの機器は

  • 痛みも少ない
  • 施術後の赤みも軽減
  • 毛嚢炎も少ない

 など、レーザー脱毛の副作用ともいえるところを緩和している性能が搭載されていますので、赤みが気になる、翌日の仕事の影響したくないっという方はメディオスターのあるクリニックでヒゲ脱毛をすると良いと思います。私も実際メディオスターでのヒゲ脱毛でした。

 まぁ、メディオスターを使ったとしても、100%赤みが出ない!っと言うわけではありませんので、赤みが出てしまった場合は赤みがひくまでマスクを着用して乗り切るのも良いと思います。

メディオスターのある大手クリニック

ゴリラ
クリニック
湘南美容外科
クリニック
メンズリゼ
クリニック
東京イセアクリニック
オトコの根こそぎレーザー脱毛
東京アールズクリニック


ヒゲに対する女のホンネ!

Page top icon