未成年でもヒゲ脱毛はできる

 未成年だからと言ってヒゲ脱毛を諦める必要はありません。少なくとも、湘南美容クリニック、ゴリラクリニック、メンズリゼクリニックでは未成年でもヒゲ脱毛は可能です。

 ただ、未成年の場合、親の同意書など一般成人と違う部分がいくつかありますので、以下からまとめていきたいと思います。

未成年のヒゲ脱毛で必要なもの

 3院で必要なものや、親にしてもらう事柄などを一覧表にまとめました。細かい説明は表外の注意書きに記載しています。

-
湘南
ゴリラ
リゼ
年齢制限
なし
なし
15歳~
同意書
必要
必要
必要
同伴
不要※1
不要
必要※2
電話確認
あり
なし※3
あり
-
オトコの根こそぎレーザー脱毛
東京イセアクリニック
東京アールズクリニック

 ※1:無料カウンセリング後にすぐに施術をしたい場合は親の同伴が必要。また、高校生以下の場合は無料カウンセリング時に親の同伴が必要です。

 ※2:18歳~の場合、親の同伴は不要です。

 ※3:同意書に不備があれば電話確認をするケースがある。

未成年だと医療ローンは組める?どうなるの??

 医療ローンは未成年でも組むこと自体はできます(収入がない未成年はもちろん無理)。

 但し、収入によってはローン審査が通らないことも多いので、一般的には親を連帯保証人として医療ローンを組みます。

連帯保証人の印鑑

 ヒゲ脱毛の施術の同意書とは別に医療ローンの契約書類があるので、親(連帯保証人)が同伴して記載するか、書類を持ち帰って記入してもらうかの必要があります。

 また、審査を行うタイミングで信販会社より連帯保証人に電話連絡があるのでその電話に出る必要があります。

未成年のヒゲ脱毛の注意点

 未成年でもヒゲ脱毛ができるということは大体わかってくれたかと思います。但し、未成年のヒゲ脱毛には注意点があるのです。

 例え、親を説得できたとしても、お金の問題が解決していたとしてもオススメしにくい点が1つあるのです。

素朴な高校生男子

 個人差はあるのですが、15~20歳をピークに成長ホルモンが活発に分泌され、ヒゲが生えそろっていきます。

 つまり、未成年でヒゲ脱毛を始めるというのは、ヒゲが完全に生え揃っていない段階でヒゲ脱毛を始めるということになるのです。

 仮に17歳でヒゲ脱毛を開始して、18歳までの1年間頑張ったとしても19~20歳でまだ成長しきっていなかったヒゲが新たに生えそろうという可能性があるのです。

 これではせっかくお金を出してヒゲ脱毛をしたのに、また生えてくる結果となるので、勿体ないのです。

 なので、よほど深刻に悩んでいる場合でない限り、20歳以上でのヒゲ脱毛の開始をオススメしたいです。

それでもヒゲ脱毛したい方へ

 先ほどの一覧表を再掲載しておきますので、自分に合うクリニックを選んでください。

-
湘南
ゴリラ
リゼ
年齢制限
なし
なし
15歳~
同意書
必要
必要
必要
同伴
不要※1
不要
必要※2
電話確認
あり
なし※3
あり
-
オトコの根こそぎレーザー脱毛
東京イセアクリニック
東京アールズクリニック

 ※1:無料カウンセリング後にすぐに施術をしたい場合は親の同伴が必要。また、高校生以下の場合は無料カウンセリング時に親の同伴が必要です。

 ※2:18歳~の場合、親の同伴は不要です。

 ※3:同意書に不備があれば電話確認をするケースがある。

料金で悩んでいるなら

 料金的なところで悩んでいるなら、こちらでヒゲ脱毛の料金総額シミュレーション表を掲載していますので、チェックしてみてください。

ヒゲ脱毛料金シミュレーション



ヒゲ脱毛-基礎知識

Page top icon