ヒゲ脱毛の効果がすごい!

     ヒゲ脱毛、やってみたいと思いつつ、年単位で時間がかかるって面倒だなぁ・・・っと思ってる方、多いんじゃないかと思います。

     私自身もヒゲ脱毛に行く前はそう思ってました。ある程度ヒゲが濃い人間なので、3年くらいかかるっと言われてたので、絶対面倒やと思ってました。

    ヒゲ脱毛の効果

     この先で上のモザイクなしの写真も公開していますが、見た目以上にヒゲ脱毛したら楽になるのです。

     もちろん、青ひげもなくなってくるので見た目も変化してきますが、それ以上にメリットが大きいんですよね^^

    ヒゲ脱毛をすべき3つのメリット

     ヒゲ脱毛をすれば、小汚いおっさんから脱出できる、かっこ良くなれる、キモがられない・・・などなど、色々なメリットがあると思うのですが、そんなものより以下から紹介する3つのメリットがデカいよ!!ってお話をしたいと思います。

    メリット1-肌荒れが減る

     ヒゲがある程度濃い人はよく分かると思うのですが、ヒゲをしっかり剃ろうと思うとカミソリにしろ、シェーバーにしろ、結構ガリガリ剃らないときれいに剃れないんですよね。私自身もそうでした。

    髭剃りが楽になった

     髭剃りはヒゲを剃りつつも肌の表面もガリガリ削っているので、毎朝肌ガッサガサになってました。特に冬とか酷かったです。

     ガサガサになるだけならまだマシ、ガリガリしすぎて赤くなったり、最悪血が出たりともう肌状態悪すぎマンでしたねぇ。

     しかし、ヒゲ脱毛3回目終了後くらいから、毎朝の髭剃りが明らかに楽になり始めました。

     何度も往復しないとダメだった髭剃りがたったの1往復できれいに剃れるようになりました。

     ヒゲ脱毛3回目終了後くらいから、髭剃りはまだまだ必要なものの肌荒れが起こるほどのひげ剃りの必要がなくなりましたね!

    メリット2-朝の時間短縮がすごい

     こちらもヒゲが濃い人なら分かると思います。髭剃りって時間かかるんですよね・・・。それが決定的に減りました

     普通に起きれた朝なら多少時間がかかるけどまぁ何とかなるんですよ、毎日のことだからこちらも手慣れたもんです。

     でも、寝坊したときのひげ剃りは本当に絶望的でした。

    遅刻の時間帯

     時間がないので、どうしても適当になっちゃうのでキレイに剃れてないんですよね。キレイに剃れてないくらいならまだ良いとして、力加減を間違えたりするので、大出血!みたいなことになるんですよね、時間がないってのにw

     ホントね、3~4回目のヒゲ脱毛終了後くらいからどんどん髭剃りの時間が短くなってるんですよ。朝、めっちゃ楽になりました

    メリット3-お金がどんどんかからなくなる

     これ、今後どんどん効果が見えてくるものなんですが、今後、髭剃りにかかってたお金がかからなくなるんですよね。

     電気シェーバーだったり、シェービングローションとか、カミソリとか、その後の保湿クリームとかね。特に楽しみなのがシェーバー代が浮くってことですねー。

    シェーバーのコスト

     私は電気シェーバー派なんですが、安物のシェーバーを買うとうまく剃れない上にお肌を傷つけてしまうということもあって、4万円代のやつを買ってます。

     シェーバーだけで考えても、替え刃は2年に1回に5,000円くらいだし、4~5年でバッテリーがダメになる計算になりますので、新しいのに買い替えることになりますよね。

     つまり、シェービングローションやらカミソリなど色々含めると、おそらくヒゲ周りに年間15,000~20,000円くらい使ってると思われます。

    現在のヒゲ脱毛の効果(4回目終了時点)

     まずは最初に、ヒゲ脱毛前の私の写真と、今現在(4回目のヒゲ脱毛終了)の写真を掲載しますので、比較してみてください。

    横からの様子

    ヒゲ脱毛前日の夜に撮った写真

    4回目ヒゲ脱毛後の横向き写真

    4回目のヒゲ脱毛1ヶ月後の写真

     まだ4回目なので、見た目的にはこの程度の効果かよって感じがするかもしれませんが、体感的に髭剃りがめちゃめちゃ楽になりましたね。

     ちなみにクリニックの人が言うには、ヒゲ脱毛で青ひげまで徹底的になくしたい場合、13回以上の施術が必要らしいので、現時点ではまだ1/3程度の進歩状況って感じですかね。

     今後もどんどん経過写真を掲載していきますので、よろしくお願いしまーす!!

    ここまでの経過を知りたい方はこちら

    ヒゲ脱毛の経過

     こちらのページでは、ヒゲ脱毛前の写真から、1回目、2回目と、ヒゲ脱毛の段階を追った経過写真を掲載しています。

     時系列順にヒゲ脱毛の効果を見てみたい方はこちらのページも参考にしてみてください^^

     ヒゲ脱毛の経過を一挙公開

    ヒゲ脱毛って高いでしょ?そんなにコスト差ってある?

    初めてのヒゲ脱毛(平凡に麻酔あり)

     私もここは疑問があったので、ヒゲ脱毛の料金コストと、毎日ひげ剃りをする料金コストを調べてみました。

     私自身だけのひげ剃りコストだけじゃなく、他の男性にも聞き取り調査をして年間コストを算出してみましたので、信じられないと思う方はチェックしてみてください。

     ヒゲ脱毛の料金 VS 毎日のひげ剃り料金

    ヒゲ脱毛って実際どんなの?

     ここから先は、結局ヒゲ脱毛っていくらかかるの?どんなことをするの?っという疑問に答えていきたいと思います。

    ヒゲ脱毛の料金総額は結局いくら?

    ヒゲ脱毛の料金総額

     ヒゲ脱毛の広告なんかを見てると、結構お安い金額でできそうな感じがしますが、ツルツルレベルまでしようとすると思うよりも金額がかかります。

     こちらのページではヒゲ脱毛に通う回数(目指すゴール地点)から料金総額シミュレーション表を大公開しています。

     ヒゲ脱毛の料金総額シミュレーション表

    ヒゲ脱毛前の無料カウンセリングってどんなの?

    ヒゲ脱毛前の無料カウンセリング

     ヒゲ脱毛を開始するよりも前にどのクリニックでも、まずは無料カウンセリングから始まります。

     無料カウンセリングでは、聞きたいこと、疑問に思っていることを何でも質問できますので、ここで全ての疑問を晴らしておきましょう。

     無料カウンセリングの様子はこちら

    初めてのヒゲ脱毛(麻酔あり)

    初めてのヒゲ脱毛(平凡に麻酔あり)

     無料カウンセリングが終わり、契約を交わしたら早速施術に入ります。レーザーヒゲ脱毛は痛いらしいのでひとまず麻酔ありでしてもらいました。

     結論からいうと、ある程度ヒゲが濃い人は最初の方は麻酔をした方が良いですね、結構痛かったです^^;

     35歳おっさん、初ヒゲ脱毛体験

    2回目のヒゲ脱毛(勇気を出して麻酔なし)

    2回目のヒゲ脱毛(勇気を出して麻酔なし)

     1回目から約2か月後、2回目のヒゲ脱毛に行ってまいりました。1回目で大体、痛みの程度も分かったので、今回は麻酔なしでヒゲ脱毛をしてもらいました。

     まぁ、麻酔なしでも我慢できると言えばできますが、痛いもんは痛いですね。

     麻酔なしヒゲ脱毛でも泣かずに済んだ

    3回目のヒゲ脱毛(麻酔なしでいいや)

    3回目のヒゲ脱毛(もう麻酔なしでいいや)

     2回目から約3か月後、少し間が大きく空いてしまいましたが3回目のヒゲ脱毛に行ってまいりました。

     2回目の時点で麻酔なしで行ったので、もう痛みに関しては大体わかりましたので、麻酔はなしでも良いやって感じでしたね^^

     3回目は当然のように麻酔なし

    4回目のヒゲ脱毛(もう麻酔なしでも余裕)

    4回目のヒゲ脱毛

     3回目の施術からざっくり2ヶ月。4回目のヒゲ脱毛へと行って参りました。もう麻酔なしでも全然余裕、心の持ちようも変わってきたもんですねw

     それでもまぁ、まだまだ痛いものは痛い、けど4回もこなしてくると我慢のしどころも分かってくるしずいぶん余裕になりました。

     4回目のヒゲ脱毛の写真比較

    5回目のヒゲ脱毛(もう慣れっこ)

    5回目のヒゲ脱毛

     ついに5回目のヒゲ脱毛に行ってまいりました。もうヒゲ脱毛はかなり慣れてきましたので、担当の看護師さんと談笑しながらの施術でございました。

     それでもまぁ、まだまだ痛いものは痛いですが、涙目になるようなことはもうなさそうですね。ヒゲも減ってきたし、ヒゲ脱毛が楽しくなってきました。

     5回目のヒゲ脱毛の結果

    ヒゲ脱毛に関する体験談コラム

     実体験記とは少し異なる視点で、特徴的な部分を切り取って再構成した記事を書いています。ヒゲ脱毛コラム、まとめ記事、みたいな感じで書いています。

    ヒゲ脱毛の翌日は赤みってどのくらい出る?

    ヒゲ脱毛後の赤み

     ヒゲ脱毛をしようとは思うんだけど、赤みが出るって聞いたんですが・・・。

     翌日も仕事があるので、どのくらい赤みが出るのか知っておきたいという方のため、私自身の実際の写真を公開しています。

     ヒゲ脱毛後の赤みはこんな感じ

    ヒゲ脱毛後、毛嚢炎って出ます?

    ヒゲ脱毛後の毛嚢炎

     ネットで調べているとヒゲ脱毛の後に毛嚢炎がめちゃくちゃ出たー!みたいなブログとかが見つかるんですが、実際どうなんでしょうか?

     私はヒゲ脱毛の3日後くらいに毛嚢炎がポチポチっとできました。

     ヒゲ脱毛後の毛嚢炎はこんな感じ

    ヒゲ脱毛後は髭剃りがしにくい!?

    ヒゲ脱毛後は髭剃りがしにくい

     ヒゲ脱毛の後は髭剃りがしにくいと言われているのですが、本当でしょうか?

     実際にヒゲ脱毛後に体感したことをツラツラと書いています。結論からいうと、ヒゲは5日間くらい剃りにくいです、苦笑。

     ヒゲ脱毛後はヒゲが剃りにくい

    ヒゲ脱毛10日後にヒゲが抜け始めた

    ヒゲ脱毛10日後

     1回目のヒゲ脱毛から10日後、ヒゲがポロポロと抜け始めるという不思議な体験をしたので、そのことについて書いています。

     ヒゲ脱毛に使うレーザー機器の種類にもよるみたいですが、1週間~10日で抜け始めることが多いみたいです。

     ヒゲはこんな感じで抜け始めます

    ヒゲ脱毛の笑気ガス麻酔の体験談

    ヒゲ脱毛の笑気ガス麻酔の体験談

     ヒゲ脱毛で使う麻酔は、笑気ガス麻酔(気体を吸うもの)と麻酔クリーム(塗る外用剤)があります。

     その内の1つである笑気ガス麻酔の体験談を徹底解説しています。私、本業が薬剤師なので、真面目に書きましたよ^^;

     笑気ガス麻酔、徹底解説します

    ヒゲ脱毛は何回くらい通いますか?

    ヒゲ脱毛に通う回数

     ヒゲ脱毛は何回くらい通えば青ひげもなくなるツルツルレベルになりますか?

     一般的にどのくらいの回数か、どのくらいの期間がかかるのかを分かりやすく紹介したいと思います。

     ヒゲ脱毛終了までの回数と期間

    クリニック選びで悩むなら・・・

     正直なところ、この大手3院だと選び基準が本当に難しいのです。一番差がはっきり目で見える部分といえばやっぱり料金だと思いますので、3院の通う回数による料金シミュレーションしてみました。

     気になる方は以下のバナーをクリッククリック!!

    ヒゲ脱毛料金シミュレーション

     ちなみに次のページからは、ヒゲ脱毛をするなら【クリニック】か【エステサロン】か、どっちがどう違うのか、ヒゲ脱毛の効果に差はあるのか?などについて解説しています。

    ヒゲ脱毛は絶対にクリニックがオススメ

     ヒゲ脱毛ができる場所として大きく分けるとこの2つの場所(店舗)に分けられます。

    1. クリニック(医療機関)
    2. エステサロン(医療機関ではない)

     医療機関であるか/ないかの大きな違いは医師がいるか/いないかになります。クリニックは医療機関なので医師が常駐しています。一方で、エステサロンは医療機関ではないので医師はいません。

    クリニックは医師がいる

     クリニックは【医療機関=医師が常駐している】ということで、脱毛効果の強いレーザー機器が使え、一方でエステサロンでは効果が弱い脱毛機器しか使えないのです。

     

    クリニックとエステサロンそれ以外に何が違う?

     以下にクリニック(医療機関)でのレーザー脱毛と、エステサロンでのヒゲ脱毛の違いを一表にしてみました。ホント、圧倒的な差としか言いようがないですよね。

    ※スマホで閲覧している場合、横向きが見やすいかもです※

    - 医療の脱毛 エステの脱毛
    診察 医師 なし
    痛みケア 麻酔も可能 冷やすだけ
    脱毛効果 強い 弱い
    施術する
    スタッフ
    医師・看護師 エステティシャン
    法的分類 永久脱毛 除毛・減毛
    料金 大差なし
    スタッフの腕 大差なし

     表の中の法的分類ってのが一番大きなところでして、エステサロンでは永久脱毛ができないんですよね。

     もちろん、エステサロンでもヒゲ脱毛はできます。しかし、続けて通わないとまた髭が生えてくるってことなんですよね。

    またヒゲが生えてくる

     つまり、永久脱毛ができないとなると、費用対効果の面からいってクリニックでのヒゲ脱毛が良いと言い換えることができますよね。

     より詳しくはこちらのページ(医療ヒゲ脱毛とエステヒゲ脱毛の違いは満足度!この差はなぜ?)で解説していますが、この表の部分だけでもかなり違いますよね。

    クリニック選びは通う回数で選ぶ

     クリニックでのヒゲ脱毛の方がおすすめというところは分かってもらえたかと思いますが、ヒゲ脱毛ができるクリニックもたくさんあるんですよね。

     ここから先はヒゲ脱毛大手3クリニックの選び方(行くべきクリニックの見極め方)を紹介したいと思います。

    ヒゲ脱毛をどこまでするのか

     費用対効果を考える前に、まずは自分がヒゲ脱毛をどこまでするのか(したいのか)を考える必要があります。

     ちょっとしかヒゲ脱毛しない人と、ツルツルヒゲ脱毛をする人とでは施術回数が大きく変わってくるので、費用対効果の考え方も大きく変わるからです。

    ヒゲ脱毛クリニックの選び方

     詳しくは以下の表にまとめました。

    ヒゲ脱毛簡易料金シミュレーション表

     ここでは全院の差をなくすために、ヒゲ全体の脱毛(6部位)の脱毛、麻酔などのオプション料金はなし、ゴリラクリニックは時間制限なしの料金で金額を表示しています。

    ※スマホで閲覧している場合、横向きが見やすいかもです※

    ヒゲ脱毛の
    最終目標地点
    ヒゲ脱毛の
    施術回数(目安)
    クリニックの
    料金総額
    少し減らしたい 3~5回程度 ゴリラ:192,200円
    6回S
    湘南:84,400円
    6回S

    リゼ:98,800円
    5回S
    大半なくしたい 6~12回程度 ゴリラ:192,800円
    6回S+6回追加
    湘南:168,800円
    6回S×2

    リゼ:208,300円
    5回S+7回追加
    ツルツルが目標 13~15回以上 ゴリラ:193,100円
    6回S+9回追加

    湘南:225,810円
    6回S×2+3回S
    リゼ:254,800円
    5回S+10回追加

    注1)表中のSとはセットコースのことです。ゴリラクリニックは6回セットコース、湘南美容クリニックは3回セットコースと6回セットコース、メンズリゼクリニックは5回セットコースがあります。

    注2)ゴリラクリニックでは6回セットコース終了後(3年以内)、追加分は1回100円で施術ができます。

    注3)メンズリゼクリニックでは5回セットコース終了後、追加分は1回15,500円で施術ができます。

     ここでは、ヒゲ脱毛を行っている大手医療クリニック3院で比べてみました。より詳細はこちらのページ(ヒゲ脱毛 料金総額シミュレーション表-大手クリニック3院徹底比較)で解説しています。

     ヒゲ脱毛に通う回数で、最安値となるクリニックが変わる感じです。

     

    参考:ヒゲ脱毛クリニック選びチャート図

     ざっくりではありますが、この3クリニックを選ぶチャート図を作ってみました。あくまでも参考程度のチャート図ですが、麻酔の導入に関する部分も考慮したチャート図です。

     各クリニック、日進月歩で内容が進化しておりますので、また変わるかと思います。ちなみに2017年12月時点での参考チャートです。

    ヒゲ脱毛クリニック選びのチャート図

     どうでしょうか??かなり簡単にざっくりしたチャート図ですが、案外間違っていないと思っております。

     あなたに合うヒゲ脱毛クリニックがあれば、公式サイトでチェックしてみてください^^

    ゴリラ
    湘南美容外科
    メンズリゼ
    東京イセアクリニック
    オトコの根こそぎレーザー脱毛
    東京アールズクリニック


     さて、次のページからは笑気ガス麻酔について解説しています。脱毛で麻酔なんて必要!?っと驚かれる人も多いようなので、詳しく書いてみました。

    ヒゲ脱毛×麻酔=作用?副作用?

     ここから下のコンテンツでは、ヒゲ脱毛に使われる麻酔に関する効果、作用、副作用、使いどころなど、薬剤師目線のお話を書きたいと思います。

     何を隠そう、ワタクシ、本業は薬剤師をやっておりますので、麻酔に関することや、副作用などの医療情報には普通の人よりは多少心得ておりますので^^

    ヒゲ脱毛でよく使われる麻酔-笑気ガスの効果や副作用

     ヒゲ脱毛に限った話ではないのですが、美容整形や歯医者さんなんかでよく使用される麻酔の1つである笑気ガス。

     このページでは笑気ガスをメインに効果(作用)、副作用、使ったらどうなるのか?実際の流れは?などなどを紹介していきたいと思います。

    私のヒゲ脱毛麻酔体験談

    ネットの口コミ

     こんなサイトを作っておいて、自分は行ったことありませーん!っというのは話にならないと思いますので、行ってきました。

     私の麻酔体験談はこちらのページでまとめて行っておりますので、参考までにどうぞ!!

     あと、麻酔も含めたヒゲ脱毛全般的な流れや経過を追った内容はこちらのページから順次まとめて行っておりますので、ヒゲ脱毛のリアルな進行具合を見たい人はこちらからどうぞ^^

    その他の麻酔体験談も集めてみた

     笑気ガスを実際に使った方の体験談を集めてみると、人によって感じ方は様々ですが、楽しい気分(お酒を飲んだときのような)になるので、クセになってしまいそうな感覚を持つ方もいるようです。その他では、

    1. ボーっとする
    2. 気分が良く楽しい気持ちになる
    3. フワフワした気持ちになる
    4. どうにでもなれという気持ちになる
    5. すべてが遠くに聞こえる感じがする

     などと言った声がありますね。

    そもそも笑気ガスって何??

    ヒゲ脱毛時の笑気ガス麻酔

     笑気とは亜酸化窒素のことで、麻酔として使われるものです。100%の笑気を吸い続けると当然酸欠になってしまいますので、笑気(亜酸化窒素)と酸素とを混合して【笑気ガス】として鼻から吸入して使用されます。

     少し画質が悪いですが、その時の様子がこちらの写真です。

     笑気は全身麻酔としても使われることもありますが、ヒゲ脱毛や歯医者さんなどでは

    1. 鎮痛作用で痛みの軽減
    2. 恐怖心を抑える
    3. 鎮静作用でリラックスさせる
    4. 楽しい気分にさせる

     この辺りが目的で使用されます。意識もあるし、ある程度の会話もできる程度の麻酔にとどめるのが一般的です。ある程度意識がある状態ですので、全身麻酔と異なり、異常があると分かりやすいので対処が容易である麻酔の1つです。

    笑気ガス麻酔の効果

     笑気ガスによる効果は以下のようなものです。

    1. 強い鎮痛効果
    2. 気分が楽になる効果
    3. 恐怖を感じにくくなる効果
    4. 緊張を感じにくくなる効果

     一般に知られている局所麻酔や全身麻酔と比べると、痛みを全く感じなくするというよりは、鎮静作用やリラックス効果を狙って使われることが多いものです(もちろん鎮痛作用もありますが)。

    麻酔なしのヒゲ脱毛後の疲れ

     30分もの間、麻酔をせずにヒゲ脱毛のレーザーを当てるたびに痛みを我慢したり、恐怖を感じたりしていると施術後の疲れもハンパないでしょうね、汗。

     さらにいうなれば、痛みに対する恐怖心で血圧が上がってしまったり、不整脈、過呼吸を起こしてしまうことを防ぐ効果もあるので、笑気ガスを使うメリットは非常に大きいものだと考えられますね^^

    笑気ガスの副作用は?

    笑気ガスの副作用

     笑気ガスに副作用がまったくないとは言い切れない部分はありますが、副作用がほとんどないところが良いところです。

     歯医者さんなどでは子供にもよく使用されていますので、このことからも副作用の危険性が少ない麻酔ということはイメージできるかと思います。

     笑気ガスの添付文書(取説のようなもの)を見ると【重大な副作用】として造血機能障害とありますが、長期にわたって連用する場合とあります。ヒゲ脱毛ではせいぜい30分程度の使用なので、ほとんどこの心配はありませんね。

     また、【その他の副作用】の項目では、嘔気・嘔吐、末梢神経障害などが書かれていますが、ほとんど目にすることはないような気がしています。もちろん、絶対に起こらないという話ではありません。

    ネット上の笑気ガスの口コミについて思うこと

    ネットの口コミ

    ※この項目に書いていることは割と私見です。正しいかどうかのデータを取ったわけではありません、あくまでも私が思うことです。

     ネット上にある体験談や口コミなんかを見ていると、気分が悪くなる【嘔気】というのは割と見かけます。しかし、これって・・・。

    実際に何かあった人が書き込む

    読んだ人が不安になり質問する

    実際に何かあった人が答える

     っという循環によって、笑気ガスは気分が悪くなるという意見や回答が増えている気がします

     ヒゲ脱毛や美容整形、歯医者なんかで笑気ガスを使ったことのある人でも、何もなかった人は書き込みもしなければ調べることもありませんので、何もなかったという書き込みはあまり増えない気がするんですよね。

     これがネット上の書き込みに、気分が悪くなる【嘔気】が多い理由なんじゃないかと勝手に想像しています(あくまでも私見です)

    それでも不安に思う人へ

     ただ、こういったネット上の書き込みをみて、よほど不安になった方やパニック障害をお持ちの方は、笑気ガスによる麻酔よりも他の麻酔を選択するほうが良い可能性もありますので、ヒゲ脱毛前のカウンセリングや医師による診察のときに相談するのが正解かと思います。

    笑気ガスでの麻酔の実際の流れ

    ヒゲ脱毛時の笑気ガス麻酔

     麻酔と聞くと何となく大がかりなイメージをしてしまいますが、ヒゲ脱毛では診察ベッドに寝た状態で、専用のマスクを鼻に装着するだけです(上の方の項目で動画を見た方は分かってるかと思います)。

     ガス吸入が始まると個人差はありますが、5分もかからない内に効果があらわれます。麻酔の効果が確認され、副作用などの異常がないことが確認されたら、いざヒゲ脱毛の開始となります。

     ヒゲ脱毛の流れについてはここでは省略しますが、ヒゲ脱毛が終わったらマスクを外し、自然呼吸に戻します。笑気ガスによる麻酔は10~15分程度で元の状態に戻ります。体から抜けるのも早いのも笑気ガスの特徴の1つです。

    施術後はどんな感じ?

    花粉症

     その後、気分が悪い、意識がはっきりしないなどの異常がなければ、帰宅となります。笑気ガスによる麻酔が完全に抜けきっていることが確認できれば車の運転もOKですし、お仕事に戻ることも可能です。

     ただし、念のため30分以上の間隔をあけてくださいね、っという注意は受けるかと思います。

     考え方によっては、1錠飲んで一日効果があるような花粉症の薬よりも、体への影響が長引かないということでもありますね^^

    麻酔が使えるのは医療機関だけ

    サロンは麻酔ができない

     ヒゲ脱毛ができるのは、医療機関であるクリニック以外にもエステサロンなど他にもいくつかあります。しかし、エステやサロンなどの医療機関でないところでは医師がいないので、ヒゲ脱毛で笑気ガスによる麻酔をすることができません

     エステサロンでは、【麻酔をしないので安全】と言って宣伝などをしていますが、逆を言えば、麻酔できないので痛みは我慢してくださいねという意味なんですよ。

     女性と比べると男性は、毛も毛根も女性よりは濃い・深いのでヒゲ脱毛のレーザーの痛みが強い傾向にあります。また、もともと女性は出産という痛みと戦えるような体になっており、痛みに強いですが、男性はそうではなく痛みに弱い傾向があります。

     ですので、ヒゲ脱毛は麻酔のできる医療クリニックでしたいですね^^;

    笑気ガス麻酔が使えない人っていますか?

    医師の診察チェック

     笑気ガスの添付文書(取説みたいなもの)によるとこういう人は慎重投与と書かれています。

    1. ビタミンB12欠乏症の患者
    2. 造血機能障害のある患者
    3. 耳管閉塞、気胸、腸閉塞、気脳症等、体内に閉鎖腔のある患者

     その他にも、一般的にこのような疾患・状態の人にもオススメできないといわれています。

    1. 鼻づまり・鼻炎などで鼻呼吸ができない人
    2. ぜんそくなどの呼吸器関連の疾患がある人
    3. パニック障害や過換気症候群の経験がある人
    4. てんかんの既往がある人

     こういった方はヒゲ脱毛が行われる前のカウンセリングや医師の診察などで必ずチェックされますので、基本的に心配無用ですね。カウンセリング前の問診票にも病気や服用中の薬を各項目がありますしね。

    ヒゲ脱毛の笑気ガス麻酔の費用は?

    診療明細書

     歯医者さんなどでの笑気ガス麻酔は保険が利きますので、3割負担の場合、30分で1000円以下の価格なのですが、ヒゲ脱毛をはじめとした美容整形などは保険が利きません

     保険の利かない自由診療となるので、金額はクリニックによって異なるのですが、一般に30分で3000円前後の価格帯となっているようですね。

    麻酔クリームもあります

    キシロカインゼリー

     ゴリラクリニックでは基本的に笑気ガスによる麻酔が主なものですが、笑気ガスが合わない、さらに強力に麻酔をかけて欲しいという方には、麻酔クリームを使用することもあります。

     この麻酔クリームの成分は、リドカインという成分であらゆる医療機関での基本的な局所麻酔として使用されているかなり安全性の高いものになります。

     肌表面に塗ることで皮膚を軽い麻酔状態にするのですが、ヒゲ脱毛であれば表面的な麻酔での十分効果があると考えられています。

     ただ1つ欠点があるとすれば、クリームを塗ってから30分程度待つ必要があることです。つまり、笑気ガス麻酔と比べると30分前に来院する必要があり、余計に時間がかかるということですね。

    麻酔下でヒゲ脱毛をしてくれるクリニック

     ここからは医療従事者である1人としてぶっちゃけトークさせていただきますが、麻酔を行うのは面倒なんですよね。特に美容外科の脱毛(男女問わず)は数をこなさないと利益を出すことができません。

     そうなると麻酔をしてからヒゲ脱毛を行うよりも、痛みを我慢してもらってさっさと施術して数をこなす方が儲かるし楽なんですよね。

    我慢する男性

     いくつかの美容クリニックの公式サイトをチェックしてもらったら分かると思いますが、有名なクリニックでも麻酔に関すること(方法や料金など)を詳しく書いているところは少ないです。麻酔を使えば時間がかかるので数をこなせなくなるし、うまく儲けを出せなくなるからですね、苦笑。

     もちろん、副作用のリスクをゼロにしたいという意味も分かるんですけど、痛いんですよね・・・。

    ゴリラ
    笑気ガス麻酔
    湘南美容外科
    麻酔に積極的でない
    メンズリゼ
    麻酔クリーム
    東京イセアクリニック
    オトコの根こそぎレーザー脱毛
    東京アールズクリニック
/pages

ヒゲ脱毛-基礎知識

Page top icon